ほけんの窓口に相談に行ったら、貯蓄型医療保険を勧められた

お得情報
先日、収入保障保険に加入検討のためほけんの窓口へ相談へ行ってきました。
今回はその時に、一緒に案内されたあんしん生命の「メディカルキットR」についてお話します。

ほけんの窓口へ保険相談に行ってきた!

我が家は保険については「万が一が起きた時に人生が詰む場合以外の保険には入らない」と言う考えの元、火災保険と自動車保険にのみ加入していました。
しかし、この度私がフリーランスになり収入が不安定になったので、「今、大黒柱の夫に万が一の事があったら、子供の教育資金が不足する!!」と不安になり、掛け捨ての収入保障保険に加入しようと言うことになり、早速ほけんの窓口に行ってきました。

様々な無料保険相談窓口がある中、なぜほけんの窓口へ行ったかと言うと、「家から一番近かったから」それだけです(笑)

ネット予約をしていったので、スムーズに案内されました。店舗によると思いますが、平日なら前日予約でも比較的予約は取りやすい印象です。

収入保障保険の話もそこそこに、我が家が医療保険は掛け捨てしかないと思っていたので、使わなかったら勿体無いし、その分貯金しておけばいいやと言う考えで医療保険に入っていないと言うことを話すと、「掛け捨てでは無い貯蓄型の医療保険がありますよ。」と東京海上日動あんしん生命のメディカルキットRを案内されました。

メディカルキットRってどんな保険?

この商品は

  • 所定の年齢までに払い込んだ保険料の使わなかった部分が戻ってくる
  • 保証は一生涯

と言うことで最初は「なんか良さそう!」と言う印象を持ちました。

医療保険は基本的に掛け捨てが多い中、この保険なら病気にならずに保険を使わなかったら老後資金として受け取れると言う点に魅力を感じました。

が、しかし!!

保険料が非常に割高です。類似の掛け捨て型医療保険と比較すると3倍くらいします。

でも戻ってくるならいいんじゃ無い?
と思いますよね?

注意したいのが

還付を受けてからは掛け捨てになり、還付後の保険料は加入時のままで変わらない
→長生きすると割安な掛け捨て型医療保険と比較すると総額では払込保険料額が多くなる

特約部分は最初から掛け捨て

・病気になって給付金を受け取った場合、還付金受取時には給付金を差し引いて還付金が払れる
→プラマイ0で闘病の苦しみに対して、何も保障していない

まとめ

掛け捨てでは無い安心感があり、途中で解約してもいくらかは戻ってくるので、一見お得なように見えますが、毎月の固定費が上がり、結局は掛け捨てになるので私は加入しませんでした。
医療保険に入るなら掛け捨てにして、月々のコストを抑えてその分を貯蓄や投資に回すことにしました。

ほけんの窓口の方は非常に親身になって、収入保障保険についての試算表を作成してくれたり、ライフプランの相談に乗ってくださったので、インターネットで自分で調べた情報以上に、有益な情報も得られたので相談に行って良かったと思っています。
しかし、投資についても言えますが、アドバイスをしてもらっても人任せにせず、最終的には自分で調べて買うなり加入しないといけないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました